了崔真人娱乐 > 夏将烏祇 > 屎猟 >

くだものの芯 おばあちゃんの狭岑R

2018定05埖11晩 05:39栖坿才大屁尖返字井

くだもの kilua

柄の芯

くだものの芯 おばあちゃんの狭岑R

柄の僥兆は、仝ディオスピロスカキ々 とつけられています。この僥兆から柄が晩云圻bであることが^苧されます。というのは、ギリシャZでディオスは舞の≦ピロスは り麗≦ という吭龍を燕わしているからです。したがって舞からのり麗である惚筺△修譴柄ということで、カキと兆づけられたのは、晩云圻bのものであるとのあかしといえましょう。

晩云では、臼今祇を茅いて光仇でられます。仝柄が橿くなれば匳宀が楳くなる々 とことわざにありますが、それほど、a燭里△觜麗だということなのでしょうか。匯hでは、剞Bが互いことを吭龍しているともいわれています。いずれにしても、匯違の繁?にとって匳宀の旗りをしてくれるほど旋喘しやすい惚麗だったということでしょう。

その剞B中ですが、惚gはビタミンAとCのN源なことが蒙罿任后ですから、L舒の嚠契、屈晩Eい、また稽をすのでせきを峭めるa燭あります。飛~には、旋挺恬喘、仟旗x恬喘があり、ビタミンCも根まれていますから、喘}啣晒や互僮R嚠契のa燭盂屬辰討い泙后V膏恬喘や盾疱喘もあることから、嶄忽では慮の竃僮、映僮などの嵶隈に柄の~画を喘いているそうです。へたの何蛍はh圭aでは柄。≦と柵ばれF嶷瞳Qいされています。惚gだけではなく、~やへたまで旋喘できるわけですから、押櫃侶Nの富なかったr旗では、輝隼匳宀は楳くなったことでしょう。

ところで、柄には旋泣ばかりではなく之泣もあります。それは、附悶を絶やす恬喘があることです。柄に根まれるiの撹蛍タンニンが、蛍とYびつき、僮を哈き軟こすことになり、この彜Bが絶えるといわれた圻咀といえるようです。また、gHに附悶を絶やす恬喘のいものですから、L舒の瓩鯱造欧燭蝓屈晩Eいのほてりを茅くわけですが、慮cが樋く絶えやすい繁、僮の繁、絶え來の繁は剃森。たくさん奮べないように。それに、タンニンは宴蜘の圻咀となるともいわれ、宴蜘がちの繁は謹奮に櫃鬚弔韻泙靴腓Α

L舒嚠契や屈晩Eいに柄なます

柄のビタミンA、CはL舒ウイルスにするのどや映の娚弔を嬋健にしますから、鞍嬖舛鬚修里泙淙海戮襪、柄なますなどにして奮べます。柄なますは、柄と寄功を聞いますが、どちらもL舒嚠契になる惚麗と勸暇です。怎圷が混い、嘘嶄がぞくぞくするというr豚には、つとめて奮弯にのせましょう。柄なますは、柄はせん俳りにし,班位任任靴鵑覆蠅気察寄功もせん俳りにしcでしんなりさせます。 c、桧滅で栽せ,鰈っておき、邦櫃鮟gった柄と寄功を秘れてよくあえ、龍をなじませて竃栖貧りです。

屈晩Eいにも、柄のビタミンCが故のPきを試kにしますから、アルコ`ル蛍がiけ、欸屬すっきりします。お焼をむ念に、柄を1゛2奮べておくとEいしない、というのはビタミンCがたっぷりとれるからです。

互僮Rや喘}啣晒嚠契に柄の~画を

柄の~、蒙に飛い~の旋挺、仟旗x恬喘は、互僮Rや喘}啣晒の嚠契になります。飛~のころにお画を恬っておくといいでしょう。~を姜み、よく牢い、對し匂で方蛍gだけ對し、すぐにざるや駐などにレげ、邦蛍をすばやく對kさせます。このr、ゆっくりと邦蛍を茅いたのではビタミンCが邦蛍とともに毛げてしまうことになりますので、できるだけ返壼く佩なうことです。そのあと、~を震み、ざるにレげてL宥しのいい侭で頼畠に葱夬させます。これをお画と揖じように鞍寶むわけです。ただし、v画、コ`ヒ`、t画と匯wにむと、森がゼロになります。柄の~をやめてもしばらくは陣えたほうがいいでしょう。

恰缶されには孤し柄を,砲弔韻

はちやぶよに缶されたときには、孤し柄を,砲辰韻董富しやわらかくなったところを缶された何蛍につけます。柄のiが恬喘して祐みがうすらいでくるでしょう。

しもやけにへたの弱じ匣

へたはしゃっくりを峭める恬喘がありますが、それには、10蛍のへたを200ccの邦に秘れて磯楚になるまで幇つめた弱じ匣をむのです。寄悶1鵜ほどでほとんど峭まるようです。この弱じ匣は、しもやけにTっても森がありますから、返や怎の僮佩がくしもやけになりやすい繁は、弱じ匣をあらかじめTり、嚠契しておくようにしましょう。

i柄のiiきには仟

優の柄の直にgった柄は、おいしそうにみえてもi柄が謹いもの。せっかくとってもなかなかおいしくするには返gがかかります。gにiをiくには仟に淫んでおきます。腎櫃砲佞譴気擦覆い海箸牌堡擦iがなくなるようです。ただ仟は搾めにして、1Lgくらいおきましょう。これで優の柄もおいしく奮べられます。また、へたにを鯛としてもiが函れます。

柄の討の森議旋喘隈

云猟仇峽/caijing/59766.html 廬墮萩廣苧竃侃

寄社脅壓心厚謹>>